アナログかデジタルか

集客増加や売上拡大の手段は何と言っても販売促進のための宣伝にあります。自分たちの店舗や商品をより多くの人に知ってもらわないことには集客にはつながりません。
上図はごく簡単なフローですが、まずは知ってもらわないことには始まりません。

そして知ってもらっても興味を持ってもらわないと来店にはつながりません。

まず知ってもらうために「どんな手段で宣伝をするか」と考えた時、DMやチラシ・パンフレットを配布するか、それともホームページやSNSを使って宣伝しようかと悩まれる方も多いのではないでしょうか。または、「これからは紙(アナログ)の時代じゃない!」とデジタル媒体一本に絞っている人も多いでしょう。

でも、ちょっと待ってください。その考えちょっと見直してみませんか。

アナログはプッシュ型・デジタルはプル型

紙媒体(アナログ)はデジタルにはない強みを持っています。それは「紙媒体は確実に相手に渡る(プッシュ型)」という点です。自分が営業に回ったりDMで送ったり、自ら意図した相手に情報を渡すことができるのがプッシュ型媒体の強みです。

一方で、webの媒体(デジタル)は基本的にじっと誰かが見に来てくれるのを「待つ」しかないのです(プル型)。せっかくホームページを作っても誰も閲覧者がいないのでは宣伝効果はありません。ここがアナログ媒体と大きく異なる点です。ただし、見に来てさえくれればデジタルの情報量は紙媒体と比べ物になりません。情報量の多さはデジタル媒体の強みです。存分にあなたが伝えたい情報を伝えることができます。でも、あくまでも「見に来てくれれば・・・」なのです。

強み 弱み
アナ

ログ

自ら相手に届けることができる
五感や感性に訴求できる
情報量が限られる
部数に限度があり拡散力に欠ける
印刷コストがかかる
デジ

タル

情報量が多い
閲覧数に関係なく制作コストが一定
拡散力がある
自ら相手に届けることはできない

アナログ・デジタル組み合わせるハイブリッド広告

さて、集客や売上拡大に最も効果的な販促は・・・それは「アナログデジタルハイブリッド広告」です。それぞれの媒体が持つ強みを生かし弱みを補完し、最も集客につながるアプローチこそハイブリッドなのです。

ハイブリッドとは、アナログ・デジタルそれぞれ必要だということではなく、それぞれをシンクロさせてシナジー効果を出すことで販促効果を極大化できるということです。

当社が提案する販促の形は、「アナログで認知をしてもらい、デジタルで興味を持ってもらう」という「アナログ・デジタルハイブリッド広告」です。そして更に、興味を持ってもらったデジタル媒体の「拡散(シェア・いいね)」による「認知数の拡大」を狙います。

アナログ広告にはデジタルに誘導するためのQRコードを埋め込み、デジタル広告を開いてもらうための仕掛けをします。アナログ広告を手に取った人がQRコードを読み込んでくれれば・・・そこには紙媒体ではお伝えできなかったテキストや画像・動画など豊富なコンテンツをお見せしお店への興味を引き出します。そして興味を持ってくれた顧客は、そのコンテンツを友達などにシェアしてくれ、あなたのお店の情報は飛躍的に広まります。これがアナログ・デジタルのハイブリッドです。

当社がご提案するハイブリッド形態

当社がご提案するハイブリッド広告の形態は2パターンです。いずれも高額なコストをかけることなくあなたのお店の認知を高める効果が狙えます。

<アナログ広告(QRコード埋め込み)と多言語ユニバーサル情報配信>

多言語ユニバーサル情報配信を使い、国内在住外国人と訪日外国人の取り込みを狙います。外国人向けに外国語のコンテンツを作る必要はありません。既存のアナログコンテンツを自動翻訳して多言語電子ブック化します。お店の紹介記事・メニュー・商品説明・マップなどの多言語電子ブック化により外国人が来店しやすくなり、外国人同士での情報シェアが生まれます。

<アナログ広告(QRコード埋め込み)とユニバーサルパノラマビュー”MI-TE-NE”>

あなたのお店の様子をパノラマビューで画像配信します。紙媒体での広告で関心を持ったお客様に対して、更にパノラマ画像でお店の魅力をお伝えできます。店内の様子がわかればお客様は来店しやすいものです。お客様の認知を興味に高めることにつながり、来店数が飛躍的に増加します。

お問い合わせはこちらから