ユニバーサルデザイン印刷物

印刷物のユニバーサルデザイン化

様々な製品やサービスはユニバーサルデザイン化が進んでいます。各メーカーとも”より多くの人が使いやすいデザイン”を追求し製品開発や街づくりを行っているのは周知の通りです。

では、企業や団体が顧客や生活者に情報を伝えるための印刷媒体はどうでしょうか。”より多くの人々に伝わるためのデザイン”ということを考慮してデザインがなされているでしょうか。私たちの身の回りには多くの印刷媒体があります。パンフレット・商品カタログ・取扱説明書・申込書・ガイドブック・広報誌・チラシ・・・残念ながらこれらの印刷媒体がユニバーサルデザインという発想に基づいて制作されているケースは多くありません。

情報を伝えるために制作された印刷媒体がデザインの良し悪しのために相手に情報が伝わっていないというお互いの不利益、これを避けるためのデザインが印刷物のユニバーサルデザイン化です。

印刷物をUD化する効果

業務効率改善

お客様に分かりやすく伝わらないことでお問い合わせ対応や追加説明に迫られることはよくある事例です。これは企業・団体にとってもお客様に取っても多くのロスを生んでいます。これらのロスや不利益はUD化によってお客様の理解度が高まることで解消されます。

CS向上

お客様に届いた情報がわかりにくいものであった場合、お客様のストレスは高まり情報を発信した企業・団体に対する不満が生じます。逆に、お客様に分かりやすく情報が届けられることでお客様の満足度も高まります。

業績向上

印刷デザインのUD化によって”多くのお客様にわかりやすく情報が伝わる”ことで、お客様のレスポンス率も高まります。販売促進や集客のための情報発信であれば、UD化により今まで以上の見込客が獲得でき皆様のビジネスに寄与できます。

私たちにできること

当社は一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)のビジネスパートナーとして、同協会が持つ「見やすく・わかりやすく・伝わりやすい」デザインのノウハウ・技術を活用したデザイン制作を行っております。制作にあたっては、静岡県内でも数少ない「UCDA認定2級」資格を有するデザイナーが担当させていただきます。

また、「見やすく・わかりやすく・伝わりやすい」デザインであることの第三者認証の取得もサポートしております。企業・団体が発信する印刷媒体が第三者から認証を受けることは、その認証取得意識そのものが顧客視点であることの評価につながります。

サービスの詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。