お客様本位の企業姿勢

昨年秋の話しになりますが、九州電力株式会社様が電力会社として初めて「UCDAアワード2017」の実行委員会特別表彰を受賞いたしました。「UCDAアワード」とは一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会が主催し、優れた情報コミュニケーションデザインや情報品質の向上に取り組んでいる企業等を表彰するものです。

 UCDAアワードは2010年から始まっておりますが、個人的な感想として当初は首都圏の企業・団体が受賞の中心でしたが、近年は表彰対象が地方にも広がってきている印象があります。同協会が推進する「見やすい・わかりやすい・伝わりやすい」情報コミュニケーションの実現というものが広く認知され、全国の企業・団体においてその重要性が浸透していることを実感します。

ホームページを拝見すると、九州電力様では「教えて、エネルギー 日本のエネルギー事情」というパンフレットで「伝わるデザイン」の認証を取得され、パンフレットにも認証マークが印刷されております。九州電力様のHPからこのパンフレットをPDFで見ることができましたが、確かに文字も読みやすく、わかりやすい表現手法をされております。また色彩設計も高齢者・色弱者に配慮したデザインです。

更に、九州電力様ではユニバーサルコミュニケーションデザインの社内研修も実施されて人材育成にも取り組まれており、お客様・生活者様との情報コミュニケーションを豊かにしようというTopの姿勢・企業姿勢が伺えます。

このような企業が全国各地に益々広まっていくと、企業と生活者のコミュニケーションはますます高まっていきますね。当社も静岡県西部を起点に、このような取組をサポートしておりますが大変励みになる事例です。

 

九州電力様当該HP(リリース)はこちらです。

http://www.kyuden.co.jp/press_h171102-1.html

 

コムフィット合同会社 大澄秀明

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。