『みんなの文字』という書体

当社が販売を行っているアイテムの中に書体(フォント)があります。「書体 かっこ フォント」と書いていますが、厳密にいうと「書体」は一貫したデザインの文字の有りようであり、「フォント」は、その文字を印刷・表現するための具体的な手段を表す言葉です。

まぁ、どっちでもいいのですが・・・

さて、ブログタイトルにある『みんなの文字』というフォントですが、このフォントは電通・イワタ・UCDAの3社で共同開発されたユニバーサルデザインフォント(UDフォント)の製品名です。UDフォントの成り立ちは、2006年に松下電器(Panasonic)さんが「製品に見やすいフォントを」と言う考えでイワタと共同共同開発した「イワタUDフォント」が最初になります。UDフォントは「視認性が高い・読みやすい」を開発コンセプトにしているため、今では高速道路の標識をはじめ、公共機関の案内版や細かい文字が多い家電製品などの説明書・保険の約款など、幅広い用途で使われています。

そのUDフォントの草分けといえる書体メーカーのイワタとマーケティングコミュニケーションに精通する電通、そして評価分析のスペシャリストのUCDAが組んで開発したフォントが『みんなの文字』という書体です。『みんなの文字』は科学的な基準で評価・認証を受けた書体であり、日本で唯一、UCDA認証を取得しています。見やすく読みやすい文字の基準となるガイドラインに「ISO13407 人間中心設計のプロセス」を採用し、読む人の視点に立ってすべてを設計しています。 そして、老眼・白内障など多様な方々に様々なテストを実施して、「判読性」「視認性」「可読性」の検証を重ねて開発されました。

図1:「みんなの文字」デザインの特徴

書体(文字のデザイン)はただ「美しい」だけでは成立しない時代になってきています。高齢化社会を迎えて如何に読みやすい書体で情報発信するかが非常に重要です。特に、今は様々な手段で「プリントアウト」が行えます。解像度が高いプリンタもあればそうでないものもあります。プリントやコピーの条件によっては文字の品質(再現)が悪化することは避けられません。決して良くない出力環境でプリントされたときに文字の読み違いが起こりにくいということも重要なポイントになります。「みんなの文字」はこのように視覚特性や提示条件の変化にも最も適応した書体だと言えます。

図2:文字がつぶれたときの読みやすさ

今、数あるUDフォントの中でも「みんなの文字」の採用が広まっており、生命・財産に関わる重要情報を伝える帳票や通知書、企業のIR情報などをはじめあらゆる分野で生かされています。情報をより多くの人にわかりやすく伝えるというユニバーサルデザインの考えに基づき、企業・自治体などでの取り組みの一環として使われだしております。

当社のホームページで使われている書体も「みんなの文字」です。いかがでしょうか、読みやすい書体だとお感じになりますか。

※一般的なゴシックと「みんなの文字」のサンプルを見比べてみてください。プリントアウトしたペーパーから家庭用プリンタでスキャンしていますので、条件としては決して良くはない比較サンプルになります。サンプルを見比べていただくと、「みんなの文字」の書体の読みやすさがお分かりいただけるのではないかと思います。

「ゴシック体」サンプル

「みんなの文字」サンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。