印刷物の弱点を補う

アナログ的な販促ツール・広宣ツールの代表である印刷物ですが、正直なところ最近は減少傾向にありWeb広告などデジタルツールに置き換えられているのが実情です。

印刷物の弱みというのはいくつかあるのですが、まず、制作した部数以上に配布できないということがあげられます。そしてこのことは、きわめて限定的な顧客にしか届かないということにもつながります。情報の拡散力という点では、印刷部数がMAXであり更には印刷部数すべてが顧客に届くことは稀だともいえます。印刷物は成果物もアナログですが、配信方法もアナログなわけです。

では、印刷物に強みは全くないかというと、決してそんなことはありません。紙媒体というのは「プッシュ型」の媒体です。折込チラシやポスティングのように「見て!見て!」と押し付ける(プッシュする)ことができます。一方でWebなどのデジタル媒体は基本的に「プル型」です。見に来てもらうのをじっと待つのが基本スタンスになります。

そういうことから考えると、アナログがいいのかデジタルがいいのかという議論ではなくなりますよね。アナログとデジタルをパッケージにしてしまうことが最も効果的な販促手法ということになります。紙媒体で知らしめて、デジタル媒体で拡散を狙うという手法です。もちろん紙媒体は「知らしめる」ためのものですから印刷部数は減らせられます。そして紙媒体を配布するターゲットはインフルエンサー中心になります。

ここまでだいぶ端折って書きましたが、今一度わかりやすい事例で整理してお伝えします。

以前も書きましたが、焼津の「焼津グルメガイドマップ」という冊子。この冊子にはこのような記載のページがあります。

電子ブックで見ることができると紹介しています。そしてその電子ブックは多言語化がされています。

さて、この冊子(紙媒体)を受け取った人は電子ブックに誘導されます。知人友人にこの情報を知らせたければSNSでシェアできます。

そうなるとどうでしょう。この冊子はデジタルに誘導したことでどんどん勝手に拡散されてしまうのです。当然のことですが、SNSでの拡散ですから国内海外関係ありません。海を越えて海外まで焼津グルメの情報が伝わっていきます。

もちろんきっかけとなるプッシュは紙媒体で必要です。

こんな仕掛けがアナログとデジタルのパッケージ(融合)です。そんなこと言っても多言語電子ブックを作るのにコストアップになるじゃないか、と言われるかもしれません。でも決してその心配は不要です。一からコンテンツを作るわけではないですからコストは抑えて制作が可能です。そして、もっと言うと、今まで以上の効果が出せるのに印刷部数を抑えることができるのです。このパッケージでは紙媒体には「拡散力」を期待していませんから、印刷部数は減らしてよいのです。紙媒体の目的はインフルエンサーに知ってもらうことに絞れるのです。

これからの販促ツールはアナログとデジタルのパッケージですね。