公衆トイレのピクトグラムについて

先日小学1年生の孫(男の子)とショッピングセンターに行ったときのことです。小学生にもなると保護者の手を離し一人で行動する場面も多いのですが、その一つにトイレがあります。今までは孫がトイレに行く時はトイレまでついて行ってあげていたのですが、最近は「一人で行けるから」と勝手にトイレに行くようになりました。

そんな時にふと思ったこと・・・「この子はどうやって男子トイレと女子トイレを見分けているんだろう?」

おそらくある時から「こっちが男子トイレ」と見分ける方法を見つけたはずなのです。それはなんなのでしょうか、孫に聞いてみました。

「ねえ、なんで男の子のトイレってわかるの?」

答えは・・・

「青い色が男!」

なるほど、この子はピクトグラムや周囲の色で男子トイレと女子トイレを見分けていたのです。それは、文字ではなく、デザインでもなくです。

下のイラストを見てください。パッと見てどちらが男子トイレか瞬時にわかりますか。皆さんはどこで判断しました?男女のイラストでしょうか、それとも色でしょうか。

私はイラストで判断します。色がどうのこうのではなく、イラストを見ないと安心できないタイプです。ちなみにこの青と赤の色分けというのは、日本では一般的ですが海外ではあまり見られません。海外ではデザインや文字で識別させているようです。ということは、今うちの孫が海外に行くとトイレに戸惑うかもしれませんね。

それと、確か国内において青が男・赤が女、という決まりもないんですよね。黄色でも緑でも黒でもいいはずなのです。でもこれだけ普及しているとなかなか別の色を採用するのは勇気がいりますね。

個人的に思うのは、トイレのピクトグラムにはもっとデザイン性があってもいいのではないかということなのですが、おしゃれなサインというのにはあまりお目にかかれません。

さて最後にもう一度ピクトグラム見分け方のテストを。

下のイラストで男子トイレはどっちでしょうか。

下にスクロールして見分けてください。