SDGs:あなたが使う紙が世界を変える。日本初のフェアトレード認証紙『バナナペーパー』

今回はバナナから生まれた紙『バナナペーパー』のご紹介です。今、大変注目されているSDGsとも深い関連がありますのでぜひ注目ワードとして記憶にとどめておいてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バナナというのは1本の茎から1度しか実が取れないので収穫が終われば茎も切って捨ててしまいます。アフリカにあるザンビアのバナナ畑で通常捨てられる茎の繊維を、日本に持ってきて日本の工場で古紙やFSC認証パルプを加えて作られたのが『バナナペーパー』です。アフリカの村で取れるバナナ繊維と日本の製紙技術とのコレボレーションでバナナペーパーは生まれました。

現在の紙の原料のほとんどは「木」です。世界中で紙の使用量が増加する中で木の再生が追いつかず世界では年々森林が減少しています。その面積は年間で日本の国土の1/3に相当すると言われています。木の成長には30年近くかかることが一因ですが、一方でバナナの木は1年で成長します。したがって、毎年捨てられるバナナの茎の繊維を再利用し紙を生産することは森林保護につながり、更に途上国の貧困対策・雇用創出につながっていくと言えます。環境にも社会にも配慮された紙、それがバナナペーパーです。

バナナペーパーは名刺・封筒・パッケージなど幅広い用途で使用されています。

SDGsの目標すべてに貢献

バナナペーパーは原料の生産・調達からデリバリ・製造までの全工程で「持続可能な開発目標(SDGs/Sustainable Development Goals)」を網羅したサスティナブル製品です。バナナペーパーはSDGsの達成の貢献につながる特徴を持っており、皆さんの会社におかれてもSDGsへの取り組みの具体策の一つとしてエシカル調達の観点からバナナペーパーの使用を検討されてみてはいかがでしょうか。名刺を始め封筒や社内表彰状など、さまざまな場面でバナナペーパー使用の可能性があります

バナナペーパーを用いた製品のお問い合わせは弊社までお気軽にどうぞ。