返済不要の資金を活用し販売促進を図りませんか

年間を通じ、国や県などでは様々な補助金事業が募集されています。それは皆さんの会社の販売促進や事業拡大・効率化に繋げるための活動資金です。

中小事業者にとってこれらの補助金を活用しない手はありません。補助金活用とは単に資金を得るだけでなく、自社の経営環境を再認識し中期の経営の方向性を整理し計画を立案する良い機会でもあります。しかし、中小企業・小規模企業にとってはこのための時間や人的リソースを割くことが難しいことも事実です。

当社では、小規模事業者持続化補助金を始め、ものづくり補助金などの申請手続きのお手伝いをさせていただいております。お客様と一緒になって現状分析と課題抽出を行い、必要となる新たな事業テーマを設定し、それに基づく事業計画の立案をサポートさせていただきます。

数多くの企業が活用されている補助金、個人事業主の方々も当然活用が可能です。日々の仕事に追われ中々お時間が取れない企業の皆さん、是非当社に一連の申請業務をアウトソーシングされてみませんか。

 

 

 

●専門コンサルとは違います

補助金ビジネスでは専門のコンサル企業が多数存在します。それらの企業様は採択率の高さを実績にされるケースが一般的です。しかしよく考えてみると採択率が高いことにはカラクリもあります。採択されそうな案件だけ受注すれば良いのです。専門の業者であればそれも可能です。

しかし当社はよほどのことがない限りご相談いただいた案件をお断りすることはありません。ご相談いただいたご縁を大切にしながら、採択可能な経営計画を一緒に考えさせていただきます。当社自体も小規模企業として多くの補助金を獲得してきています。このように自社実践に基づいた経験なども含め、お客様の補助金獲得に向け精一杯対応させていただきます。

 

●リーズナブルな費用で対応いたします

補助金コンサルを利用される場合(当社もそうですが)「着手金」「成功報酬」などのコストが発生します。これは自社で申請すべき手間と時間を外部に委託するコストですので致し方ない部分です。しかし、これらの費用はコンサル業者によって様々です。行政のほうでもこの「過剰な費用」を問題視しています。

では、当社が請け負った場合の費用はどうでしょうか。当社は補助金申請代行そのものが業務目的ではありません。お客様が補助金を獲得できればその先に当社がお客様から広告物や販促物のお仕事を獲得できる可能性が発生します。この「ビジネス機会を得る」ことが当社が補助金申請支援を行う目的なのです。補助金申請支援自体は当社の本来業務ではありませんので、この部分についてはお客様のご負担を最小限に対応させていただきます。また、ご相談についても費用は発生しませんのでお気軽にお問い合わせください。

補助金活用に関するご質問は

お気軽にどうぞ